助成金情報(詳細)

2022/08/04掲載
助成事業名
こくみん共済coop〈全労災〉「2022年こくみん共済coop地域貢献助成」
助成団体
こくみん共済coop〈全労災〉
助成内容
 こくみん共済coopは、豊かで安心できる社会をめざして「防災・減災活動」「環境保全活動」「子どもの健全育成活動」を重点分野と位置づけ、積極的に地域社会へ貢献する活動を展開しています。その一環として、「人と人とがささえあい、安心して暮らせる未来へ」をテーマに、これからの活動の場をむすび、安心のネットワークをひろげていく取り組みを支援します。地域で活動する皆さまからのご応募をお待ちしています。
助成対象
1.助成の対象となる活動
日本国内で実施される次の(1)〜(5)に当てはまる活動を対象とします。
(1)自然災害に備え、いのちを守るための活動
 【例】防災研修、防災マップの作成、防災ウォークなど
(2)地域の自然環境・生態系を守る活動
 【例】自然観察会、環境教育のための学習会、森林・里地里山(棚田等を含む)・竹林の保全活動、水環境(河川・湖沼・里海)の保全活動、生物多様性の保全活動(絶滅の危機に瀕する動植物の保護)など
(3)温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
 【例】自然エネルギーの普及・啓発活動、省エネルギーの促進活動、3R(リサイクル、リユース、リデュース)を促進する活動など
(4)子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生み出す活動
 【例】親子サロン、読み聞かせ、プレーパークなど
(5)困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動
 【例】障がい・外国籍・ひとり親家庭などの子どもや親の交流会、相互支援活動など
〈助成の対象とならない活動〉
_屬い辰僂け親阿筝園の植栽整備等および近隣地域の清掃活動
特定の団体・宗教の利益や教義の布教につながる可能性がある活動
0豌畧のイベントとして行われる活動
つ敢左Φ罅⊇饑凖の出版・発行
イ修梁勝屬海みん共済coop地域貢献助成」としてふさわしくないと認められる活動

2.助成の対象となる団体
日本国内を主たる活動の場とする、次の(1)〜(3)のすべてに該当する団体を対象とします。
(1)NPO法人、一般社団法人、任意団体、市民団体など
(2)設立1年以上の活動実績を有する団体
   (基準日:2022年8月17日 ※応募受付開始日)
(3)直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)
※収入には他の団体からの助成金も含みます。
※過去に当会より助成を受けられた団体についても応募可能です。ただし、次の場合は助成対象外となります。
 …抄5年以内(2017~2021年)に3回助成受けた団体
 過去当会より助成を受け、活動報告書を提出していない団体(現在助成対象活動期間中の団体を除く)

3.対象となる活動期間
 2023年1月1日〜2023年12月31日の間に実施、完了する活動が対象です。
助成金額
(1)応募は、1団体あたり1事業のみとし、助成上限額は30万円です。
(2)助成総額は2,000万円(上限)を予定しています。
(3)助成の対象となる費用
   旅費交通費、貸借料、物品・資材・事務用品購入費など活動に直接必要な経費や人件費(謝金を含む)が対象です。ただし、人件費は助成申請額の2分の1を超えない額とします。
応募方法等
(1)申請書の入手方法
 当会ホームページよりダウンロードしてください。
(2)応募方法
 応募期間内に、次の手続き(STEP1〜STEP2)を行ってください。
≪STEP1≫応募フォームから申し込み(期日:9月13日(火))
 当会ホームぺージの応募フォーム(https://www.zenrosai.coop/contact/josei2022.html)に必要事項を入力のうえ、ご応募ください。
※完了後、ご登録いただいたメールアドレスに、「応募フォーム受付完了」のメールをお送りします。
≪STEP2≫申請書類の送信(期日:9月16日(金))
 ≪STEP1≫の翌々営業日までに、当会より「申請書類ファイルの送信のお願い」メールをお送りします。メールに記載されている提出方法に従い、申請書一式をご提出ください。
【申請書類】―成金申請書 定款・会則等の規定 L魄名簿 し荵蚕顱閉抄瓩1年分)
締切り日
2022年9月16日(金)必着
連絡先等
〈お問い合わせ先〉
こくみんcoop本部地域貢献助成事務局
TEL 03-3299-0161 (平日10時〜17時 土日祝を除く))
E-Mail:90_shakaikouken@zenrosai.coop
関連URL
https://www.zenrosai.coop/zenrosai/csr/josei
備考
※詳細については当HPにてご確認ください。
戻る